Archive for the ‘DJの機材’ Category

DJという言葉は奥が深い

Posted by admin on 19th 7月 2012 in DJの機材, ターンテーブル

おそらく多くの人が知っているDJという言葉ですが、奥が深いということをあまり知りません。男女が踊っているダンスホールにいるのもDJですし、ラジオ番組の司会をしているのもDJと表現することがあります。どちらも本質的なものは似ているので、同じと考えてもいいかもしれません。しかし、「俺DJやってんだ」と言ったら多くの人がダンスホールをイメージすると思います。やはりダンスホールでイケてるミュージックをかけているのがDJという認識が一般的です。間違っている人には、ぜひ訂正をするようにしましょう。

勘違いされたままでは、何か困ったことになるかもしれません。逆にチャンスを失っている可能性すらあります。DJというポジションを目指す人は多いですが、どちらにせよコミュニケーション能力が高い事が必須です。学生時代から友達が多い人はDJになりやすいように感じます。これはとっても大事なポイントだと思いますから、覚えておいてください。

色々と語っていますが、やっぱり海外でディスクを回す経験を積むことが大事なことで、俺も若いころはエクスペディアでアメリカ行きのチケットだけを予約して、いきようようと殴りこみにいったもんです。結果はさんざんだったけども、挑戦するスピリッツが若い人には足りないと思う。やっぱり何でもやってみようぜ!最後になじみのDJショップがセールやっていたから見てちょ。

激安ターンテーブルDJセット

Posted by admin on 28th 3月 2010 in DJの機材, DJセット

JLab.1.1はDJがレコードでミックスするために必要なものが全てそろった、コスト・パフォーマンスに優れたDJセットで、販売価格は29,800円です。

▼付属品

2 x T.52(ベルトドライブのため、スクラッチはできません)、それぞれにスリップ・マット、ダスト・カバー付
2 x ヘッドシェルにマウント済みの500B
1 x M.201
1 x DJ PRO 90
必要なケーブル付属


T.52
 
ターンテーブル部
周波数特性 20 Hz~20 kHz +/-1 dB
THD+N < 0.01%@1 kHz
S/N比 : ライン -65 dB以下
タイプ 2回転数:フル・マニュアル
モーター DCモーター
ドライブ・タイプ ベルト・ドライブ
回転数 33 1/3rpm、45rpm
ワウ/フラッター 0.15% WRMS (JIS WTD) 以下(33 1/3 rpm選択時)
ピッチ・コントロール ±10%
起動時間 1秒以下(33 1/3 rpm選択時)
ブレーキ時間 1秒以下(33 1/3 rpm選択時)
回転数調整所要時間 33 1/3 rpm : 1秒以下
45→33 1/3 rpm : 1秒以下
 
オーディオ出力 Phono出力

トーン・アーム部
タイプ Cardenサスペンション、スタティック・バランス、ストレート型トーン・アーム
アーム有効長 191mm
トラッキング・フォース範囲 0-4g
装着可能なカートリッジ・ウェイト 6-10g

M.201
 
ミキサー部
インピーダンス
Line
Phono
Mic
Master
Phones
-14dB/10K Ω ±2dB
-50dB /47kΩ ±2dB
-60dB /2.2kΩ ±2dB
1kΩ
0dB/33Ω ±2dB (32Ω)
最大出力 +14dBV 以上(8.0V)
チャンネル・バランス 3dB以内
周波数特性 20-20KHz ±2dB
出力ノイズ -90dBV以下
THD + N
(MASTER 0dBV OUTPUT, MAXIMUM GAIN, 20kHz LPF) (line)  0.05%以下 20 – 20KHz 
S/N <106dB
クロストーク < -80dB at 1 kHz
マイクEQ
hi
Low ±10 +/- 2dB AT 10KHz
±10 +/- 2dB AT 100Hz
チャンネルEQ Hi 9 +/- 2dB AT 13KHz -15 +/- 3dB AT 13KHz
Mid 9 +/- 2dB AT 1KHz LESS THAN -23dB AT 1KHz
Low 9 +/- 2dB AT 70Hz -26 +/- 3dB AT 70Hz 

入出力
LINE入力 2 RCA、-10dB/47kΩ
PHONO入力 2 RCA、-50dB/47kΩ
DJ MIC入力 1フォーン、-50dB/6kΩ
MASTER出力 1 RCA、-3dB/33Ω
HEADPHONE出力 1フォーン、-3dB/33Ω
MICトーン +/-10dB (Hi, Low) 

一般
外形寸法 230 (W) X 267 (D) X 111 (H) mm
重量 1.61 kg

M.201
 
ミキサー部
インピーダンス
Line
Phono
Mic
Master
Phones
-14dB/10K Ω ±2dB
-50dB /47kΩ ±2dB
-60dB /2.2kΩ ±2dB
1kΩ
0dB/33Ω ±2dB (32Ω)
最大出力 +14dBV 以上(8.0V)
チャンネル・バランス 3dB以内
周波数特性 20-20KHz ±2dB
出力ノイズ -90dBV以下
THD + N
(MASTER 0dBV OUTPUT, MAXIMUM GAIN, 20kHz LPF) (line)  0.05%以下 20 – 20KHz 
S/N <106dB
クロストーク < -80dB at 1 kHz
マイクEQ
hi
Low ±10 +/- 2dB AT 10KHz
±10 +/- 2dB AT 100Hz
チャンネルEQ Hi 9 +/- 2dB AT 13KHz -15 +/- 3dB AT 13KHz
Mid 9 +/- 2dB AT 1KHz LESS THAN -23dB AT 1KHz
Low 9 +/- 2dB AT 70Hz -26 +/- 3dB AT 70Hz 

入出力
LINE入力 2 RCA、-10dB/47kΩ
PHONO入力 2 RCA、-50dB/47kΩ
DJ MIC入力 1フォーン、-50dB/6kΩ
MASTER出力 1 RCA、-3dB/33Ω
HEADPHONE出力 1フォーン、-3dB/33Ω
MICトーン +/-10dB (Hi, Low) 

一般
外形寸法 230 (W) X 267 (D) X 111 (H) mm
重量 1.61 kg

ターンテーブルを選べ

Posted by admin on 27th 3月 2010 in DJの機材, ターンテーブル

ターンテーブルは、1万円台から高いものだと数十万円台と幅広い!
そんな中で、いきなり高いものを購入すると続けられるかが分からないので、あまりお勧めはしない。
まずは、生活の中にDJがどれだけ入り込めるのかを確認するために、そして、お金をむだにしないためにもDJ セットがおすすめです。

例えばDJLab.1.1はDJがレコードでミックスするために必要なものが全てそろって、28,000円となっていたりするので、まずはライトな機材を使いこなすことを目指したほうがよいでしょう。